あなたは大丈夫?うつ病を疑うべき症状とサイン

スポンサーリンク

f:id:chunenobasan:20201125135457j:plain

みなさま、毎日お仕事お疲れさまです!

毎日毎日…疲れますよね。

疲れやストレスは上手に解消できていますか?

上手く解消していかないと、大変なことになっちゃいます⚠️⚠️⚠️

この記事は私自身の経験も踏まえ、うつ病を疑うべき症状をお伝えします。

最近お疲れ気味のそこの「あなた」!

その疲れ、「単なる疲れ」ではないかもしれません。

ご自身の「こころ」と「からだ」のサインを見逃さないでください。

この記事を読めば、うつ病を疑うべき症状なのかが分かります。

 

  目次

  • うつ病ってどんな病気?
  • うつ病の症状(一例)
  • 「あれ?」と思ったら直ぐ相談
  • さいごに

 

うつ病ってどんな病気?

f:id:chunenobasan:20201125135534j:plain

うつ病患者の数は年々増えており、厚生労働省の発表によると平成29年には100万人近くにのぼると報告されています。

ちなみに私がうつ病を発症したのが平成27年頃なので、私も数字に入ってます…

ある研究によると、将来的に16人に1人がかかるという結果もあり、とても身近な病気になって来ている言えます。

うつ病と聞くと「こころの病気」というイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

「気分が落ち込む」など、こころの症状が顕著なため無理もないですよね。

でも実はうつ病は、脳の働きに何らかの問題が起きた状態であると言われています。

れっきとした脳の病気なんです。

なので、よく「うつ病は、気の持ちよう」なんて言う方もいますが、気合いで治せるような病気ではなく、ちゃんとした専門医による治療が必要なのです。

 

うつ病の症状(一例)

では実際に、うつ病を疑うべき症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

うつ病の症状は、「こころ」と「からだ」の両方に症状が出ることがほとんどです。

ここでは「こころ」と「からだ」に分けた症状のほんの一例をご紹介します。

下記うつ病の症状で2〜3項目が該当し、その症状が2週間ほど続いている場合は、一度医療機関への相談または受診をおすすめします。
相談 or 受診すべきかのひとつの目安になると思います。

 

   こころ

  • 抑うつ気分
  • 意欲の低下
  • 不安感
  • 憔悴感
  • 希死念慮(死にたい・消えたい)
  • 記憶力、注意力の低下
  • 自責の念(自分を責める)      など

   からだ

  • 疲労感
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 食欲の低下 or 過食
  • 不眠 or 過眠
  • 動悸
  • 喉のつかえ
  • めまい
  • 便秘 or 下痢        など

f:id:chunenobasan:20201125135605j:plain

今回うつ病の疑いがある「こころ」と「からだ」の主な症状を挙げましたが、これはほんの一例にすぎません。

人によっては、筋肉痛のような痛みや関節の痛みなど「痛み」が現れることもあります。

このようなうつ病の症状が続くと、社会生活や日常生活に大きな影響が出て来てしまい、生活の質(QOL:Quality of Life)の低下に繋がります。

 

「あれ?」と思ったら直ぐ相談 

もしあなたやあなたの周りの方で、うつ病を疑うべき症状がある人がいたら、迷わず医療機関を受診してください。

いきなり行くのは気が引ける… という方もいると思います。

今はメールやSNSで相談を受けている病院もありますので、直ぐに連絡しましょう。

治療が遅れると重症化し、治療の効果が得られにくくなる事があります。

 

精神科 or 心療内科のどちらかに行くべきか迷ったら。

 

 

f:id:chunenobasan:20201125135700j:plain

 

さいごに

上記で述べたように、うつ病は専門医の治療が必要になります。

気合いでは治りません。

放っておいても悪化する一方で、決して良くはならないのです。

そして普通に出来た事が、段々と出来なくなって行きます。

会社勤め、家事、大好きだったショッピングや読書……

何を隠そう、私がそうだからです。

うつ病の症状が出ていても、会社から「あと1年だけ…」「あと半年だけ…」と言われ頑張り続けた結果がこれです。

ちなみに、『うつ病の症状(一例)』で挙げた症状は実際に全部私に出ている症状です。

この症状は、通院前と通院から3年経過した今も(波はありますが)変わらず現れます。

あなたには私と同じ轍を踏んで欲しくありません。

うつ病を疑うべき症状があれば、迷わず直ぐに病院を受診してください。

暗いトンネルの先には、とびきり明るい未来があると私は信じています!

f:id:chunenobasan:20201125135727j:plain

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました