精神障害者保険福祉手帳が発行された件 & 反省点

スポンサーリンク

f:id:chunenobasan:20201205173027j:plain

 

10月に申請していた「精神障害者保険福祉手帳」の審査が終了したという通知が届いたので、取りに行って来ました。

結果は「3級」でした。

私自身は2級に該当すると思っていたのですが…

以前にも記事にしましたが、等級の判定基準はとても抽象的すぎて、素人には理解するのが難しいです。

お役所が作るものは大体が抽象的な文章が多いですね。

 

 

等級が下がる理由

私は心療内科に通院していますが、先生は「体調が良い日の私」しか見ていません

どのような意味か説明すると、うつ病患者は(波はありますが)精神的・肉体的に毎日不安定な日々を送っています。

  • 一日中布団から出れない
  • 体調が良いと思い、飛ばし過ぎてガス欠になる
  • 近くのコンビニに行っただけなのに体調が悪くなる
  • 原因不明な頭痛やめまいが続く
  • 座っている事さえ辛いほどの強い眠気       などなど…

「外出が出来る=比較的体調が良い日」といことなのです。

通院日になっても、体調が優れない日は通院出来ません。

結果的に、担当医は「体調が良い日の私」しか見ていないということになります。

従って、公的な手続きに必要な診断書などを発行してもらう際は、現実の私より軽く症状が書かれることが珍しくありません

実際の私の診察内容です。

私:こんにちは。

先生:はい、こんにちは。最近どうですか?

私:頭痛とめまいが続いています…

先生:(パソコンを見ながら) う〜ん、では少し薬を調整しましょう。

私:はい、分かりました…

先生:はい、では今日はこれで結構ですよ。

私:はい。ありがとうございました…

先生:では、お大事にしてください。

時間にして約1〜2分の内容です。

このやり取りでは、調子が悪い時の細かい様子は分かりませんよね…

おそらく、ほとんどの精神科・心療内科ではこの程度の診察だと思います。

ですので結果的に、診断書は実際より軽く症状を書かれてしまいます…

 

 

社会労務士に頼ろう

f:id:chunenobasan:20201125135634j:plain

最初に断っておきますが、私は社労士事務所のまわしものではありません(笑)

私も来年早々におそらくお世話になる予定です。

社労士は福祉関係の手続きのプロです。

依頼者からきちんとヒヤリングをして、その内容を医師へ繋いでくれる存在です。

医師が出した診断書の内容に対して意見するというのは、結構ハードルが高いと思いませんか。

医師もプライドがあるため、素人である私たち患者からの意見で診断書内容を変えるのは、対応してくれたとしても、あまりいい顔をしません。  ※医師によります。

そのため、今後の診察などを考えると、患者から何か意見をするというのはと思ってしまうのです。

そこで社労士の出番なのです。

もちろんボランティアではありませんので、手続料金を払う必要があります。

ですが、国の福祉制度を受ける上では「等級」というのは、私たち障害を持つ者にとって生活に直結しており、非常に重要です。

等級によって受けられる制度や金額が大幅に違ってきます。

おそらく年間にすると、数十万単位で変わってくるはずです。

f:id:chunenobasan:20201206161031j:plain

 

 

さいごに

私はうつ病の症状で、働きたくても働くことが困難な状態です…

ですので、生活のために「障害年金」の申請をしようと考えています。

今回自分で申請した反省を活かして、申請する時には社労士を頼ろうと思っています。

「障害年金」とは?
国の公的に年金制度には、「老齢年金」「遺族年金」と「障害年金」の3種類があります。
「老齢年金」は、みなさんご存知の定年後に受け取れる年金です。
「遺族年金」は、ご主人などが亡くなった後に残された家族が受け取れる年金です。
ここまでは結構知られていますよね。
でも「障害年金」という制度があり、精神的・肉体的に障害を負った人が受け取れる年金制度です。
私もずっと知らず、通院している心療内科のポスターで知りました。
公的制度の特徴として、自分で聞かなければ(調べなければ)誰も教えてくれません。
精神科や心療内科の先生は教えてくれても良いと思いますが…
今後、精神障害者保健福祉手帳や、障害年金などを申請しようと考えている人がいましたら、一度社労士に相談される事をお勧めします。

あなたの1秒を私にください!

ランキングに参加してます。

このブログが「好き!」と

思ってくれた方は ポチっと

お願いします!!!

↓     ↓     ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました